読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金バッジ

こんにちは、しおさいオフィス代表の中村です。

仕事がら「胸元などにバッジを付けた人」を見かけると、思わず注目してしまいます。

このバッジ、ビジネスマンなら大抵は「社章」で、士業の場合はその職務専用の「徽章(きしょう)」ですね。

たとえば私の場合は行政書士徽章。

f:id:siosaioffice:20160903110256j:plain

本来は金バッジですが、実際には銀の上に金メッキなので、縁の部分や中央の部分が擦れて銀色になってしまってます。そういえばオリンピックの金メダルも実際には銀の地金に金メッキだそうですね。関係ないですが。

そうれはそうと、社章にせよ士業の徽章にせよ…この「バッチを付ける」という習慣、個人的にあまり好きじゃありません。

というか大嫌いです。

正直、「何のアピール?」とか思ってしまうわけです。これみよがしにバッジ付けてないと格好つかないの?と。

そもそも欧米のビジネスマンでバッジを着けてる人なんて見たことありません。海外の弁護士だってそう。バッジなんてモノが存在してるのは、日本くらいじゃないですかね。

じゃあなんで私の徽章はソコソコ使い込んだ形跡があるのかというと、「仕方なく」付けているから。

どういうことかというと…

全国の行政書士はそれぞれの都道府県の行政書士会の会員になっていて(ならないと行政書士登録できないので)、その各県の行政書士会を日本行政書士会連合会という組織が取りまとめています。

で、その「日本行政書士会連合会行政書士徽章等規則」にこんな条文があります。

第3条 会員は、 徽章を会員の身分を象徴するものとして認識し、 行政書士業務を行うときは、 常にこれを着用しなければならない。  

日本行政書士会連合会の規則は「法律」ではありませんが、行政書士にとっては社則や校則みたいなものです。つまり、そこに所属する以上は「従う義務」があるわけで。

きっと世の中の多くのビジネスマンの方々も、会社の規則かなんかで「仕方なく」社章を付けているんでしょうねー。お察しします。

一方で、私が知っている同業者の中には業務時に徽章を付けない人が何人もいますが…正直、何を考えているのかわかりません。

自分が従うべき規則に従わないで、社会の規則(法律や条例など)に関わる仕事をするなんてちゃんちゃらおかしい。

とまあ、そんなふうに思うわけです(笑)

ちなみに私の場合、最近は行政書士業務よりも個人事業主向けのクラウドサービスのサポートや資金調達コンサルティングなんかがメイン業務になりつつあるので、バッジを付けずに外出することも多いです。

付けずに済むのであれば、それに越したことはありません。

というわけで、今日はこのへんで。

それでは〜