読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

善悪

こんにちは、しおさいオフィス代表の中村です。

まずはこれ。先日、近所のマックで作業していた時の一風景です。

f:id:siosaioffice:20160824090153j:plain

この数分前まで、奥の席には二人のお年寄りが座っていました。

男性と女性…ご夫婦だったのか、お友達なのか。ともかく、和やかに世間話をしていた様子でしたが、食事とおしゃべりが終わるとそのまま外へ。

えーと、そのすぐ後ろがゴミ箱&トレイの返却台なんですけどね(汗)

食べ終わったトレーは返却台に返して、ゴミはそこで捨てる…というのがファーストフードのルール、というかマナーです。

でも考えてみると、誰かから「そうしろ」と教わった記憶はないんですよねー。

スタッフに指示されたり、張り紙に書いてあったからとかではなく、「そこに返却台があって」「みんながそうしている」から、自分も同じようにする。…少なくとも私の場合、そういうフワッとした学習過程でルールを覚えた気がします。

とすると、普段こういったファーストフードをあまり利用しないであろうお年寄りの行動(ゴミの放置)も仕方ない気はします。むしろファミレスなら食器はスタッフが片付けてくれるものだし。

でもちょっと周りに気を配れば、セルフでゴミを捨てるというルールやマナーに気付く機会はいくらでもあるんですけどね(くどいですが、今回のケースでは背後が返却台)。

「ルールを知らなかったから仕方ない」のか「ルールを知ろうとしなかったから悪い」のか…(ちなみに法律の場合は「法の不知は許さず/法の不知は罰す」ですが、それはそれ)。

う〜ん、なかなか難しい問題ですね。

一般論として、小さな子供ほど周りを観察してマネしようとし、だんだん歳を取るにつれて周りを見ずに自分のやり方を貫きだすのが人間の傾向。

だからといって、小さい子供は正しくてお年寄りは間違っている、という話にはなりません。

善悪の判断って難しい…。

あ、ちなみにそのお年寄りはどちらもにこやかで感じの良い方々でしたよ。

それでは〜