詰み

こんにちは、しおさいオフィス代表の中村です。

今日は久々にWindowsの話題。

プライベートはもちろん日常業務でもほとんどMacしか使わない私ですが、以下の作業だけは(今のところ)Windowsが必要です。

法務省プラグインを使って電子署名をする
●電子申請用の統合ソフトウェアを使う
Adobe Illustratorを使う

このうちIllustratorは、お金さえあればMacに完全移行できます。でも上の2つはダメですね。ほんとに行政機関は頭が固い。

それはそうと、そのWindows10に大型アップデートが来ました。

あまり必要感じないけど、とりあえず最新にしときたい!

…という性格なので、さっそく更新プログラムを実行してみました(笑)

が。

f:id:siosaioffice:20160808073242j:plain

なんだか赤文字で警告されてます。

f:id:siosaioffice:20160808073316j:plain

はああ?

アップデートプログラムごときに20GB!?

しかも「空き容量を増やす」って言ったって、最低限・最小限のソフトしか入っていない今の状態じゃあ…

ちなみに現在のWindowsの空き容量は17GB弱。

で、初期状態から「追加」しているソフトといえば、業務で使っているIllustrator CS2とAcrobat9、そしてちっぽけなプラグインだけ。仮にそれらをいったんアンインストールするとしても、関連ファイルを全部足して2GBあるかどうか。

もちろん、テンプファイルや古いバックアップ、不要なフォントや画像ファイルなどは、とっくの昔に削りに削ってます。

う〜ん…これはどう見ても「詰み」ですね。

というわけで、Microsoft社が軽量なアップデートプログラムを用意してくれるのを待つしかなさそうです。まったく期待してませんが。

それでは〜