不思議な食感の「カリソン」

こんにちは、しおさいオフィス代表の中村です。

昨日、ヨメ様がいただいてきたお菓子です。

f:id:siosaioffice:20160729083429j:plain

名前はカリソン。初めて聞く名前&初めて見る形ですねー。

Google先生に聞いてみたところ、フランス南部の伝統的なお菓子だそうです。

アーモンドとフルーツの砂糖漬け、オレンジの花の水(???)を混ぜて焼いたものに、砂糖衣を着せたヤツとのことだけど…

文字だけだといまいちピンときません。

というわけで実食。

f:id:siosaioffice:20160729083929j:plain

なんだろう…ネチッとした不思議な歯ざわり。

私が知っている菓子の中では「ういろう」に一番近い食感かな?あるいは、グミとクッキーの中間のような食感?(←自分で書いてて意味不明)

美味しいといえば美味しい。

どちらかといえば好きな味です。それにしても不思議なお菓子だなぁ。

ちなみにこんなパッケージに入ってましたよ。

f:id:siosaioffice:20160729084619j:plain

いずれはぜひ、本場で食べてみたいですね。

それでは〜