読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喉元すぎれば、なんとやら…

あれこれ

こんにちは、しおさいオフィス代表の中村です。

鹿児島市内の某所にある「五代友厚」の銅像

f:id:siosaioffice:20160613061035j:plain

いやー、半年前はすごかった…

国道58号

この銅像は、鹿児島市の中央公民館前(有名な西郷隆盛銅像の前)から始まる「国道58号」沿いの公園にあります。

ちなみに国道58号の終点は那覇市明治橋。途中、種子島奄美大島を経由しながら、大半が「海の上」という変わった国道です。

沖縄に入ると国道58号は大動脈らしくなりますが、鹿児島市内を走る「生まれたて」の国道58号は、国道にしては細くて小さな道です。

なにしろ起点の中央公民館から海に突き当たるまで、約700メートルしかありません。

途中に店らしい店もそれほどないため、地元の人の往来もあまり多くなく、観光客の姿なんてなおさら見ない…はずだったんですが、

NHKの朝ドラで一変。

五代サマ

連続テレビ小説「あさが来た」でディーン・フジオカさんが演じていた五代友厚。幕末の薩摩藩士ということもあり、以前からこの場所に銅像が建っています。

ただ、鹿児島でも知名度はそれほど高い方ではなく、ただでさえひっそりとした場所に経っているこの銅像が注目される機会など、私が知る限りこれまでありませんでした。

それが、日本全国で「五代サマ」ブームが起きた途端に一変。「観光撮影スポット」に早変わりです。

タクシーの「指名」はもちろん、観光バスでもここで下車する人が続出。

なんというか…非常にわかりやすい反応だなぁ。朝ドラや大河ドラマの誘致に一生懸命な人たちがいるのも、よくわかります。

そして3ヶ月後…

一年前までは知る人も少なかった五代友厚とその銅像。半年後には大ブームになり、そして番組終了から3ヶ月経った今は…

元のひっそりした公園に完全復帰。

ま、一種の熱病と同じですね。何かのきっかけでグワッと熱があがり、短期間が経過するとストンと落ちる。

バナナが健康にいいと紹介されて、一時的にみんなが買い漁る。あるいはココアが良いと紹介されて…といった具合に、同じような例はいくらでもあります。

実に自然な反応だけど、なんだかなー。

まとめ

こういう「人の心理」や「行動パターン」は、うまく利用できればビジネスで一山あてることも可能でしょう。

…が、リスクも非常に高い。ある意味バクチにも似ています。

突然はじまるブームは、終わりも突然。もともと「しっかりした基盤」などない分、盛り上がれば盛り上がるほど、崩れるときは一瞬です。

それにおもいっきり乗っかってビジネスをしてしまうと、(依存度にもよりますが)一時的な利益以上のダメージを、その後しばらく引きずることになるかもしれません。

もしこういう「ブーム」をビジネスに利用したいと思ったら、同時に「冷静な観察眼」も必要ですね。

それでは〜