アイデアは努力して出すもの

こんにちは、しおさいオフィス代表の中村です。

ヨメ様を職場に送り届けたついでに、ブログネタを拾ってきました。

f:id:siosaioffice:20160610080331j:image

仙巌園を運営する「島津興業」が所有している建物です。

貴重な財産

これ、見た目のイメージ通り歴史のある建物です。

最初に建築されたのは明治37年。大正時代に入ってから鹿児島市内に移築され、昭和に入ってからさらに仙巌園のすぐ近くに再移築されました。

登録有形文化財にも指定されています。

かなり貴重な財産ですね。

活用

この建物は、もともとは薩摩藩時代から続く島津家の金鉱を管理する事務所でした。鹿児島には金山があるんですよ〜。

で、鹿児島市への移築後は島津興業の社屋として使われていて、さらに現在の場所に移ってからは、フレンチレストランになって「ました」。

そう、過去形。

現在はというと、基本、これといった活用はしていない風に見えます(島津興業の社内では時々使うこともあるらしいですが)。

ちょっともったいないなー。

せっかく和洋折衷の洒落た建物なんだし…一般のお客さんを集客できる店舗として活用するなり、そういう事業者に貸すなりすればいいのに。

ま、外野の無責任な感想です。

イデアは勝手に出てこない

目立った活用をしようとすると、それなりのリスクも抱え込みます。建物の維持管理にも余計な手間(そしてお金)がかかるでしょう。

ヘタな使いかたをするくらいなら、今のままそっとしておいたほうがいい…持ち主がそう考えたとしても、確かに無理はないですね。ものすごくつまらないけど。

ありきたりな…たとえば「洋食屋」とか…そういう発想しかなければ、確かにリスクと手間ばかり気になります。でも、他にも活用アイデアは出せるはず。

もちろん、そのためには意識して、頑張ってアイデアを産み出さないといけません。

ちなみによく感違いしている人がいますが、アイデアは自然発生しません。

普段から意識していたり、トレーニングをしているからこそ、何かの拍子に出てくるものです。

よく「アイデアマン」と言われる人は、別に生まれながらの天才とかじゃなくて、そういうトレーニングを意識的に(あるいは無意識のうちに)しているからこそ、なんですよね。

だから、誰でもアイデアマンになれるはず。努力さえすればね!

島津興業のこの建物には、頑張ってアイデアを出すだけの価値があると思うんですけどね。実際のところ、どうなんでしょ。

…で、私はというと。

偉そうに語ってますが、アイデアマンになるにはまだまだ修行が必要なようです(^^;;

それでは〜