読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまごサンドの摂取許容量?

あれこれ

こんにちは、しおさいオフィス代表の中村です。

ここ最近、パン屋に入る度に

「たまごサンド…」

とつぶやくヨメ様のために、たまごサンドイッチを手作りしてみました(食べかけの写真で失礼)。

f:id:siosaioffice:20160517060629j:plain

ちなみに外はライ麦パン(たまたま買ってあった)。見た目が美味そうかどうかはともかく、作りたてのたまごサンドは、実際美味いです。

たまごサンドの思い出

サンドイッチの定番といえば、たまごサンドですよね。

コンビニでいくつか選択肢がある場合でも、とりあえずこれを選んでおけば無難。人による好き嫌いもそんなに無いはずだし。

…といいつつ、私にはたまごサンドを食べられない時期がありました。

それも十代後半から二十代前半という、比較的ピンポイントな期間。

高校生の時に、あるイベントの手伝いをしていて「死ぬほどたまごサンドを食べた」のが原因です。

ほんとに半端じゃない量でした。大食い選手権で見かけるような、マジであんな感じ。

朝・昼・オヤツ・晩と、食べて食べて、また食べて…

その時は「二度と(たまごサンドなんか)見たくない」と思いましたが、実際それ以降、店でたまごサンドを見かけるだけで吐き気がするように。

で…試しに食べてみると吐きそうになる(あるいは本当に吐く)。

ホント最悪。

たまごサンドの呪縛からようやく逃れることができたのは、それから10年近く経ってからのことです。

教訓

食べすぎない。

…いや、ちょっと違うな。

何事もホドホドに。

…うん、これこれ。

なにも食べ物だけに限った話じゃないと思います。遊びでも仕事でも、限度を過ぎると命に関わってくるかもしれませんよ。

それと、どこまでがホドホドかは人によって違うので、他人と比べてどうこう…というのも危険でしょう。

まずは自分を知る必要もありますね。

と、いうわけで。それでは〜