読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無印良品と郵便局の白文房具

あれこれ

こんにちは、コピーライターで行政書士の中村です。

お気に入りだった多機能ペンがダメになったので、新たなMy定番を探して模索中です。

4031office.hatenablog.com

今日は「とりあえずこれでいいんじゃね?」という組み合わせをご紹介。

今、ペンに求めること

最近多いのは、A5サイズ程度のノートやA4サイズのコピー用紙(失敗した印刷の裏紙など)にグシャグシャとアイデアを書き殴る使い方です。

思いついたことを単純に書き散らかしたり、マインドマップ風(正確なマインドマップではない。たぶん)にアイデアを伸ばしたり…

イメージとしては、頭の中身をぶちまける感じ。

というわけで「書く」作業自体がストレスにならないよう、頭の中身をスムーズに紙に流せるようなペンが必要になります。

理想は、ぺんてるのサインペン。1本100円くらいの、昔からあるやつ。

www.pentel.co.jp

教師をしていた頃はこれの「赤」が必須アイテムでした(テストの丸付けなど)。紙質にほぼ関係なくサラサラ・シュルシュルと書けるので重宝してたんですよね。

ただし、難点がひとつだけ。それは「水性染料インク」を使っているということ。なので、

水がかかると滲みます。

もちろん、水がかからないよう気を付ければいいんですけど…コップに結露した水が跳ねたり、ちょっと濡れた手のひらで触ってしまったり、屋外などで不意に小雨がかかったり…私の使い方が悪いんでしょうか(笑)

あと、多色ペンもほしいです。

マインドマップもどきを書くときは、少なくとも4色程度あると見やすいしアイデアの整理もし易いです。

逆に「いらないもの」は、シャープペン。太めのシャープペンをアイデア書きで使うこともありますが、ぺんてるのサインペンがあれば用が足りてしまうので、別に無くてもかまいません。

0.5mmのシャープペンはなおさら使いません。だからシャープペン付きの多機能ペンを持っていても、シャープペン機能だけはほとんど使ったことないんですよね。

ムダな割に故障のリスクが高い(使わないくせに故障されると気分が悪い)ので、シャーペン機能は無いに越したことはありません。

暫定ペア

上の条件を1本で満たすのは難しいです。サインペン付きの多機能ペンなんて聞いたことないし、あったところで使いづらかったら意味ないし。

というわけで、ペンはどうしても2本(サインペン+多色ペン)必要。

これが只今の暫定ペアです↓

f:id:siosaioffice:20160319092424j:plain

無印良品の「六角6色ボールペン」と郵便局の「はがきサインペン」。

www.muji.net

www.postacollect.com

無印の多色ペンの方は、私にとっては無用の長物のシャープペンが含まれない上に、マインドマップもどきにも十分対応できる6色(黒・赤・ピンク・オレンジ・水色・青)構成。オレンジが書きにくい、というか見えにくいのが難点ですが。

郵便局のサインペンの方は、実はぺんてる製。外見は、あの定番のサインペンとまったく同じ形です。色が白いだけ。ただし、

実はこれ、水性顔料インクなんです。

だから水濡れで滲んだり流れたりすることがありません。水性染料インクのサインペンと比べて、ちょっと黒の発色が薄めなのが難点ですが…まあ特に気になりません。

これでしばらく様子を見ます。

まとめ

この組み合わせでも、そのうちに不満や不具合が出てくるかもしれませんね。まあ、その時はその時で考えることにして…

とりあえずはこれでガシガシとアイデアを書き散らかしてみます。

ではでは!