読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルと殺伐の境界線とは

あれこれ
こんにちは、コピーライターで行政書士の中村です。

今日は鹿児島から大阪へ向かう機内でこのブログを書いています。

搭乗しているのは、もちろんお財布に優しいピーチ。狭かろうがサービスが無かろうが(「悪い」ではなく「無い」)、まったく気になりません。

良くも悪くも、路線バス感覚です。

LCCという選択

ローコストキャリア。格安航空会社。

片道数千円という(昔の感覚からしたら)アホみたいな価格の航空会社が登場したおかげで、飛行機に乗る機会はぐっと増えました。

なにしろ今までだったら片道数万かかっていた運賃が、往復でも数千円で収まったりするんですから。

ちなみに今日の「鹿児島→大阪」と明日の「大阪→鹿児島」、両方合わせて8000円くらいです(高速バスより安い)。

その代わり「座席指定」をはじめ、ありとあらゆるサービスが有料オプションですけどね。

まあ個人的には、1時間から2時間程度のフライトであれば座席なんてどこでもいいので、特に問題ありません。

むしろ、なかなか合理的なシステムで好印象です。

LCC用のターミナル

初めて乗ったLCCジェットスターでした。鹿児島空港発・成田空港行き。

到着して驚いたのは、シンプル過ぎるターミナルです。飛行機から階段で降りるのはともかく(離島行きで慣れてるので)、ターミナルの中がガラーンとしていて…

まるで倉庫の通路。

クールで華やかな装飾とか、明るすぎる照明とか、そういう「雰囲気を楽しむ仕掛け」は一切なし。

とにかく「飛行機と空港外を結ぶ通路」としての機能に徹した愛想のない空間です。

でも、シンプルで合理的。

クールと言ってもいいですね。

一方で関西国際空港LCCターミナル。やっぱり倉庫の通路みたいで飾り気はありません。ただし、

こちらは殺伐とした印象。

正直、残念感の漂う造りです。

違いは何?

シンプル過ぎるのはどちらも同じ。ただ、はっきり分かる違いが利用者の側に立った目線、つまり「ユーザビリティ」への配慮です。

例えば関空の場合…飛行機から降りて手荷物受取場に辿り着くまでの風景はこんな感じ(さっき飛行機を降りたので、歩きながら撮影しました)。

f:id:siosaioffice:20160316100302j:image

f:id:siosaioffice:20160316100319j:image

f:id:siosaioffice:20160316100334j:image

f:id:siosaioffice:20160316100400j:image

f:id:siosaioffice:20160316100414j:image

うーん、完全にバックヤード。

ローコストのお手本のような造りですが…途中の「矢印看板」がなければ、冷たいコンクリとビニールの床の上で確実にさまようことになりそうです。

これに対して成田空港の第3ターミナルはこんな感じ(さすがに写真は持ってないのでリンクを)。


どこに向かってどう進めばいいか、まるで高速道路のレーン表示みたいに書いてあります。

しかも陸上競技のトラックと同じ素材が敷き詰められていて、適度に柔らかい歩き心地。

コンクリむき出しやビニールの床より特別感があって、カーペットより耐久性がある、非常に合理的な素材ですね。

あとは照明にメリハリがあります。全体的には明る過ぎないですが、利用者にとって重要なところはスポットを増やして明るく照らしている感じ。

成田空港の安心感は半端じゃありません。

まとめ

大事なことは、利用者側の目線(ユーザビリティ)。

シンプル=ローコストという意味であれば、成田も関空も同じです。

でも、プラスイメージで語られるときの「シンプル」には、それ以上の意味が含まれます。つまり、

シンプル=ローコスト&ユーザビリティ

無印良品アップルストアなどに共通する、あの雰囲気と言えば分かりやすい…かな?(^^;;

もしコストカットだけに集中し過ぎてユーザビリティを忘れてしまったら、それは

ただの殺伐。

決して好感を持たれることはないです。

自分の商品やサービス、ビジネスの提供方法でも気をつけていきたいですね。

ではでは!