イベント巻き込まれ者の愚痴

こんにちは、コピーライターで行政書士の中村です。

普段から「スポーツ」はもとより「運動」自体をしていない私ですが、なぜか初対面の方々からは、

何のスポーツをしてるんですか?

とよく聞かれます。175cmで肩幅広めという体型のせいかもしれません。ただ、

脱いだらすごいですよ。贅肉が。

私とスポーツ

スポーツはあんまり得意なほうじゃないです。

特に球技。

飛んでくる弾…もとい、球はとりあえずよけることにしてるので、テニスも野球もサッカーも、まずまともな試合になりません。ドッチボールなら、割と最後まで生き残ります。戦力にはなりませんが。

しいて好きな…というか苦にならないスポーツを挙げると、ひとりでできるやつですかね。

たとえば、水泳。全然早くも上手くもないですが、まあ気楽にパチャパチャしてる分には好きです。

あとはサイクリングやシーカヤック。一人で気楽にペダルやパドルを漕ぐのは好きです。どちらかというとお散歩の感覚に近いかもしれません。

そして、限りなくウォーキングに近いジョギング。天気の良い日に、眺めのいい郊外の道を気楽に…って、

「気楽に」ばっかりですね(笑)

基本、競うスポーツが好きじゃないんです。なので、プロ野球Jリーグ、あるいはオリンピックをはじめとする競技大会などにもあまり興味が持てません。

みんなと一緒に盛り上がれないのは少し残念ですが、こればかりは性格でして。

マラソンイベント

というわけで、ウォーキングやジョギングは好きだけど、タイムや順位を競う「マラソン」は微妙。というか興味なしです。

でも、人気ありますよね、マラソン。

特に冬の時期は「東京マラソン」をはじめ、各地でマラソンイベントが開催されています。もちろん鹿児島でも。たとえば、

◎今年の3月6日に第25回目の開催となる「ヨロンマラソン」
◎今年の3月6日が記念すべき初開催となる「鹿児島マラソン」

って…なぜ同じ日に開催する!?

特に後発の「鹿児島マラソン」主催者は、いったい何を考えてこの日にしたんでしょう?ヨロンマラソンが毎年3月の第一日曜日に開催するのは周知の事実なんですが。

マラソン大会自体には興味のない私ですが、マラソン大会が地域に与える経済効果には非常に興味がありますし、期待もしています。

それが…

同じ県内で客(参加者と応援者)を奪い合うなんて、理解に苦しみます。

ただでさえ他県のマラソンイベントと、すでに参加者の奪い合いになっているというのに…。

www.nhk.or.jp

不安なコース設定

初開催の鹿児島マラソンには、ほかにも不安要素があります。

特に気になるのが、コース。

f:id:siosaioffice:20160303084928j:plain

市役所から配られた交通規制マップから一部引用しました。上の写真の赤い線がマラソンコースです。

県外のほとんどの人には「ふーん」という程度だと思いますが、鹿児島県、特に鹿児島市や近隣市の住民から見ると、これはちょっと、というコース設定なんですよね。

問題は、赤い線上にある「仙巌園」から「重富駅」のあたりまで。この区間は国道ですが、途中一車線区間があるため、

7時間以上通行止めになります。

事実上「まともな」迂回路がない生活道路なんですけど。そこを全面通行止めにしちゃうんですか?しかも交通量の多い日中に??

まぁ鹿児島県警の発表でも「当日の渋滞は予想できない」ということなので、当日フタを開けてみてのお楽しみ…でしょうか。怖すぎます。

ちなみにゴール会場は私の家の目の前なので、当日の混雑を想像するだけで失神しそうです。

というわけで

逃げます。

この日は朝一で鹿児島市を離れます。

だって…そもそも興味のないイベントで自分の家の前がごった返すんですよ?

当然ウチの周りも一日中交通規制だらけ。おちおちコンビニに買い物にも行けません。のんびり散歩なんて、もってのほかです。

私自身がイベント主催者や参加者ならいいですが、あくまで私は「イベント巻き込まれ者」。望んで現場に飛び込んだわけじゃないのに強制的に渦中に置かれ、しかもひとっつも得することが見当たりません。

私の知り合いや親しい人にもマラソン好きの方は多いので、あんまりネガティブなことは言いたくないんですが…リアルに生活に影響が出まくるので、このくらい言ってもバチはあたらないですよね?(^^;)

ではでは!