読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルの文字数って重要?

あれこれ

こんにちは、コピーライターで行政書士の中村です。

すでにお気づきの方もいるかもしれませんが…私のブログ記事のタイトル、基本的に13文字になるよう調整しています。

それが厳しければ、せめて10文字〜13文字の範囲内に収まるようにアレコレ細工します。

なぜ?

実はこれ、ヤフーニュースのトピック文字数に合わせてるんです。

ヤフーの中の人によると「13文字のタイトル」が、一番読みやすいんだとか…。

実際に京都大学大学院の研究でも、「人間の眼球が一度に把握できる文字数は9文字〜13文字程度」という結果が出ているので(「マンマシンシステム工学視覚系指標の計測と分析(1)- 眼球運動-」)、かなり人間工学に基づいた数字みたいですね。

まあ…自分のしょぼいブログでそこまでこだわる意味はあるのか?という気もするけど。

13文字はベスト?

うーん…そもそも13文字というのは「生身の人間(の眼球)」が相手の場合であって、SEO対策として検索エンジンアルゴリズム)を相手にする場合には、また話はぜんぜん別なんですよね。

閲覧者が多いポータルサイト上で生身の読者を相手にするニューストピックならともかく、一般的なブログの場合は、少しでも検索順位を上に押し上げるためにSEO対策に力を入れたほうが良いでしょう。

たぶん、ブログタイトルは13文字じゃないほうがいい。

具体的な話は、こんな記事が参考になりそうです。

ebloger.net

netbusinessland.com

…とまあ、理屈ではわかってるんですが。それでも私が目を引きたい相手は、

生身の人間>検索エンジン

なんですよね。

もちろん、検索に引っかからなければ生身の人間に読んでもらうどころの話じゃないのはわかってます。

要は、なんとなく気持ちの問題(一番厄介なパターン)。

まとめ

というわけで、これからもブログ記事のタイトル文字数は13文字でいきます。「過去一週間の記事」の一覧もキレイに収まって気分がいいし。

う〜ん、『頑固で几帳面なA型』丸出しの結論ですね(笑)

ではでは!