読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンテストじゃなく出張販売

あれこれ

こんにちは、コピーライターで行政書士の中村です。

ラーメンを食べるのは月に一度!と、一週間前に書いたばっかりなんですが…

4031office.hatenablog.com

食べてきました。昨日。

あ、別にグルメレポートをする気はありませんよ。

そうじゃなく、またしても「ラーメン食べながら思った疑問」をつらつらと書いてみたいと思います。

ラーメンを食べた理由

イベントがあったんです。歩いて数分の、近所の公園で。

www.kts-tv.co.jp

出店しているラーメン店のほとんどは鹿児島市内の店でしたが、中には県内の他の地域から来ている店もあります。たとえば志布志とか、指宿とか。

わざわざラーメンのために遠出することなんて(今は)まずしないので、このイベントは珍しいラーメンを食べるチャンス!

イベントのシステム

出店しているのは県内の18店舗。この中から、実際に食べた人たちの投票で「鹿児島ラーメン王」を決定します。つまりコンテストですね。

投票に使うのはこのメダル。質感はゲーセンのコインゲームのコインとよく似てます。

f:id:siosaioffice:20160220064536j:plain

ラーメンを一杯買うごとに、このメダルが一枚渡されます。ちなみに二枚あるのは、私とヨメ様の分ですよ…ひとりで二杯食べたわけじゃありません。

 で、「実食」したら投票所に行って、お店の名前が書いてある投票ボックスにコインを入れて終了。

まあシンプルな仕組みですね。

重大な問題

ところがこのイベント、根本的におかしなところがあるんです。それは…

各店とも普通盛りしか用意していないこと。

一杯700円。普通盛り。

ラーメンなんて(普通の人は)そう何杯も食べるもんじゃありませんよ。第一、無理して食べたところで味なんて分かりゃしません。

ということは、ほとんどの人は

食べてみて美味しかったか

ではなく、

事前にどれを食べたいと思ったか

で票を入れることになります。それも、貴重なワンチャンス(一杯)のみで。

それってわざわざ、ひとつのイベント会場でやる意味ないんじゃないですかね。WEB上のコンテストで十分用が足りそうですけど。

それともうひとつ。

上の問題と関係ありますが、今回出場している18店舗のうち、12店舗は鹿児島市内。しかもそのうち何店かは、イベント会場から徒歩圏内です。

それを、わざわざイベント会場で食べるか?

異論はあるでしょうが、少なくとも私は食べません。お店に行ったほうがトッピングも選べるし、温かい店内で座って食べられるし。

イベント会場で食べるとすれば、冒頭でも書いた通り「滅多に行けない店の珍しい一杯」を選びたいと思うのが人情というもの。

…となると、特定の店に票が偏るのは当然の流れです。

実際、昨年の「ラーメン王」は、鹿児島市から一番遠い志布志市のラーメン店でした(この時は地元から関係者や支援者が大量に駆けつけて組織票を入れてたとも聞きますが)

 つまりこれはコンテストではない

はい、ただの出張販売ですね。

主催がテレビ局で、関連イベントやスペシャル番組なんかも企画されているので、そのコンテンツを作るための「仕掛け」に過ぎません。

でも、別に悪くは無いですよ。

コンテストだと思うと興ざめですが、賑やかな出張ラーメン販売イベントだと思えば十分楽しめます。美味しいものが楽しく食べられるのなら、文句はありません。

第一、テレビ関係の方々やその企画の立て方が「あざとい」のは、今に始まったことじゃないですしね。あんまりブーブー言うのも無粋でしょう。

ただ、やっぱりイベントシステムの煮詰め方は甘いなー。もっと他にやりようがあっただろうにと思うのは、私だけじゃないはず。

もし来年「第3回」をやるのであれば、その時はもう少し工夫して欲しいですね。もちろん食べに行きますので。

ではでは!