読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアをひねり出すツール

あれこれ

こんにちは、コピーライターで行政書士の中村です

 

個人事業をしていると、時々「組織」をうらやましく思うことがあります。それは、

 

仕事の場に自分と意見や発想の違う「他人」がいるから。

 

特に「アイデア」をバンバン出したい時に、ブレインストーミング(ブレスト。みんなで自由にアイデアを出し合う発想法)ができる環境のある組織には、非常にあこがれます。

 

自分一人でアレコレ考えていると、どうしても自分の「思考のクセ」に引きずられて、斬新なアイデアや突飛な発想が出にくいんですよね。

 

…と、無い物ねだりしていても仕方ないので、「ひとりブレスト」用のツールを導入しました。

 

じゃじゃん。

f:id:siosaioffice:20160204062452j:plain

箱の中身は9個のキューブ。それぞれに6つの絵柄があります。

f:id:siosaioffice:20160204062526j:plain

サイズ感はこんな感じ。

f:id:siosaioffice:20160204062601j:plain

ワリと大き目のサイコロって感じです。感触もサイコロ。そこそこ良い質感です。

 

これはRory's Story Cubesといって、「即興でストーリーを創作して楽しむ、ポケットサイズのお話サイコロ」(公式ページの説明より)です。いわゆる知的ゲームの一種ですね。

www.rorysstorycubes-japan.com

実際にキューブを振ってみましょう(本来は9個のキューブを全部振るんですが、この朝の忙しい時間にやってられないので3個だけ)。出た絵は…コレ。

f:id:siosaioffice:20160204063903j:plain

お、なんだかわかりやすい(実際にこの記事を書くために振って出た「偶然の絵」ですよ)。

 

1個め。男の子が貯金をしていたら…

2個め。泥棒が全部持って行った!

3個め。男の子号泣。

 

って感じです。男の子かわいそう。

 

で…私はこれをどう使っているかというと、

 

テーマを決める

 ↓

キューブを転がす

 ↓

出た絵をテーマにこじつける

 

これだけです。自分の発想のクセとは無縁の「無茶振り」が飛んで来るので、かなり頭の体操になりますよ。

 

みなさんもぜひお試しを…

 

ではでは!

 

しおさい行政書士オフィスのWEBページも見てくださいね!→ http://www.4031office.com