リーダーとパシリは紙一重

こんにちは、コピーライターで行政書士の中村です。

 

ある知り合いとの会話。

 

知(知り合い):最近、バイト仲間からのLINEが多いんですよね。

 

中:ふーん、世間話?

 

知:いやそれが…シフトの希望とか、仕事の不満とか、意見とか。

 

中:不満はともかく、シフトの希望とか意見とかって?

 

知:仲間内でリーダーってことになってるから、そういうのの調整役をしてるんです。

 

中:バイトリーダーなの?ていうか最近入ったばかりだよね?

 

し:特に店長さんや社員さんから指名されたわけじゃないんですけど、なんだか「リーダー」ってことになっちゃって。みんな私より年上なんですけどね。

 

中:へぇ…(それってパシリじゃ?)。リーダーって何するの?

 

知:さっき言ったように、みんなのシフトを調整したりとか、意見をまとめたりとか。

 

中:それ、リーダー手当みたいの出ているの?

 

知:いえ、別に。

 

中:ほぉ…(やっぱりパシリだ)。で、LINEのやりとりが多いわけね。

 

知:夜遅くまでバンバン来ますよ。シフトの都合が急に悪くなった人からの連絡とか、バイト同士の意見がぶつかってるのを丸く収めたりとか…とにかく時間がかかるんですよね。

 

中:あのさ、それ、便利に利用されてるだけなんじゃないの?

 

知:え?でもみんな、「リーダーさん」って言って頼りにしてくれてますよ。

 

中:「頼りに」ね。それで、君が話をまとめるとみんな従ってくれるの?

 

知:そうなることもあるし…次の日にはまた話がひっくり返ることもあるし…。結局、最終的には私じゃなくて社員さんに決めてもらったことに従う感じですかね。

 

中:全然頼られてないじゃん。

 

知:…。

 

中:新入りで一番若いから、便利に使われてるだけだよ。気の弱い子が無理やり学級委員長にさせられるのと同じ。

 

知:薄々そんな気もしてたんですけど…どうすればいいと思います?

 

中:う〜ん。シフトの調整役をいまさら放り出すわけにはいかないだろうけど、少なくとも意見の調整役になる必要はないんじゃない?学級委員長じゃあるまいし。

…どっちにしても夜中にLINEで緊急解決しなきゃいけないことなんてそうそうないと思うから、とりあえず、夜になったらLINE見るのやめてみたら?。見るのやめるのが難しければ、「返事を返す」のを昼間や夕方の決まった時間だけにまとめてしまうとか。

 

知:付き合い悪くなったと思われませんかねぇ…?

 

中:多少は思われるだろうね。でも今の話を聞く限り、「付き合いがいい人=都合よく利用できる人」って思われてるんじゃない?…それでもいいならいいけど。

 

知:あんまりよくないです…。

 

中:だろうね。だったら、多少付き合いが悪いと思われても、まずは「利用されること」をやめてみたら?

 

知:はぁ…。でもみんな困りませんかね?

 

中:困りませんっ!!!

 

とまあ、ざっくりこんな会話が交わされたわけですが、真面目すぎるんですよね、その人。そして「いい人」。でもこういうタイプ、多いと思います。

 

本人がものすごくタフならいいんですが、繊細な人だと「リーダー役(=パシリ君)」を演じることで疲れて、ヘタすると病んでしまいかねません。

 

で、病んでしまったその人を周りがフォローしてくれるかというと…「あんな人もいたねぇ」と世間話のネタにされるだけなのがオチです。

 

あんまり「真面目でいい人」なのも、考えものです。

 

え?私?…真面目でいい人ですよ、もちろん(笑)

 

ではでは!

 

しおさい行政書士オフィスのWEBページも見てくださいね!→ http://www.4031office.com