読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大失敗

あれこれ

こんにちは、コピーライターで行政書士の中村です。

 

私の趣味に一つに、料理があります。和・様問わず、定番料理から創作料理まで…

 

いずれは『しおさいカフェ』を開くぞ

 

と、半分本気で考えながら日々腕を磨いてます(数十年後の話ですよ…笑)

 

今日は失敗談をひとつ。

 

と言っても昨日のことですが。

 

事務所にいるときの昼飯は、だいたいいつもヨメ様の弁当の残り(スープ)にパスタを投入した、ごく簡単なものです。いつもならそれで満足なんですが、昨日は微妙に小腹が空いたまま。

 

なんかないかなー?と冷蔵庫を覗いて発見したのが、

 

年末から持ち越している「あんこ」と「もち」。

 

これは「ぜんざい」を作るしかないでしょう。さっそく餅を焼きながら、お碗一杯分の湯を沸かしてあんこを溶かしはじめました。

 

いつもならここに岩塩をパラパラっと振って味を整えるんですが、なんだか普通すぎて面白くないと思ってしまったんですね。悪い癖です。

 

で、目についたのが

 

正月の残りの「数の子」。しかも塩抜き前のやつ。

 

塩抜き前の数の子なら、塩分はかなり高いはず。これを岩塩代わりに刻んで散らせば、プチプチした食感も楽しめるので一石二鳥では!?

 

…我ながら、恐ろしいことを思いついたものですね。冷静に考えれば、生の魚介類を迂闊に加熱したらどんなことになるかわかるのに…

 

で、深く考えもせず、ぜんざい汁の中に数の子を投入。と同時に、

 

ブワッと広がる生臭い香り。

 

こうなったら全て、後の祭りです。匂いを消そうと少量追加した料理酒(効果なし)のせいで一層複雑な味わいになった「ぜんざいもどき」を、非常に悔しい思いで平らげました。

 

料理には「一瞬のひらめき」も大事だけど、それにプラスして経験に基づく想像力と冷静な判断力が必要ですね。

 

これってビジネスにも通じるなぁ。

 

ではでは。

 

しおさい行政書士オフィスのWEBページも見てくださいね!→ http://www.4031office.com