どうせなら、勢いのある所に

こんにちは、コピーライターで行政書士の中村です。

 

昨日は二回目の歯医者でした。ちなみに歯医者に行くことになった経緯はコチラ↓

4031office.hatenablog.com

前回の治療(というか応急処置?)で前歯はいったん復旧したので、今回は歯全体のメンテナンス。やっぱりこの十数年の間に、古い治療痕があちこち劣化 しているようですね(汗)

まあそんな話は置いといて。今日は「歯医者を選ぶ基準」の話。

 

そもそも、今回歯医者に行くきっかけになったのは「前歯(差し歯)が折れた」という緊急事態でした。本来ならばもとの差し歯を入れた歯医者に行くのが筋ですが…

 

前歯一本のために船橋まで行けるか!(注:鹿児島に引っ越す前は船橋市に職場がありました)。

 

というわけで、近場で歯医者を探さなきゃいけません。幸い私の家は鹿児島市の中心繁華街に近いので、歯医者はわんさかあります。

 

そこで選んだのが、ずっと前から気になっていた『よしどめデンタルクリニック』。何が気になっていたかというと、ずばり「勢い」です。

 

なんだかとても、歯医者らしからぬ勢いがあるんですよ。

 

多店舗展開、ビジュアルをかなり意識してそうな店構えとスタッフ、キッズ向け「テーマパーク風店舗」理事長さんの執筆活動やメディア露出など…私の「歯医者のイメージ」を根底からひっくり返すような歯医者なんですよね。

 

どうせ行くなら、こういう勢いがあるところの方が面白いに決まってます。

 

「面白さ」で歯医者を選ぶのもどうかと思いますが、そう思ってしまったんだから仕方ない。

 

ちなみに、我が家からこのクリニックが入っている商業施設までは徒歩十数分。その間にも数件の歯医者があります。というか徒歩圏内の歯医者をピックアップしただけで軽く十件以上も…(皆さんよく営業できてますね)。

 

ただし、私が積極的に行ってみたいと思えた歯医者はこのクリニックのみでした。施術内容がどうとかお医者さんがベテランかどうかじゃなく、ただ圧倒的な勢いに感化された結果です。

 

これ、他の業種でも同じことが言えますよね。もちろん私の仕事(行政書士)も例外ではなく…。どうやったら、見込客に選ばれる「勢い」を打ち出せるのか、他業種も参考に工夫してみる必要がありそうです。

 

ではでは!

 

しおさいオフィスのWEBページも見てくださいね!→ http://www.4031office.com