来年度の小規模持続化補助金

こんにちは、コピーライターで行政書士の中村です。

 

先週の金曜日に経済産業省から「平成27年度補正予算案の概要」が発表されました。

 

中身は案の定、TPP対策のオンパレード。ただよく見てみると、ここ数年お馴染みの“アベノミクス補助金”のうち「サービス・ものづくり補助金」と「小規模事業者持続化補助金」がしっかり予算計上されてます。さすがに「創業補助金」は消滅しているようですが…その他はまだ続けるんですね。

 

で、特に注目すべきは小規模事業者持続化補助金。この補助金は上限が50万円と比較的少額(一定の条件を満たすと100万円/500万円)ですが、それでも、例えば広告費用やWEBページ作成費用といった、“細かい割に意外とお金がかかる”用途には非常に有り難い、使い勝手のいい補助金です。

 

f:id:siosaioffice:20151220194912j:plain

※画像が粗いのはご愛嬌。詳しく知りたい方は、ググれば経済産業省のプレスリリースが見つかるはず。

 

さて、注目ポイントは赤文字で書かれた予算額です。

 

『100.0億円』

 

となってますね。ちなみに今年度は46.5億円でした。…そう、

 

今年の予算の倍以上です。

 

単純に考えれば、来年は今年の倍以上の事業者にチャンスが回ってくるということですね。これを活用しないでどうします???

 

…という話をすると、よく「ウチは補助金なんかに頼らない」と鼻息を荒くする社長さんがいるんですが、

 

どうぞご自由に(ニコリ)

 

使うも使わないも全く自由。別に誰も強制してません。むしろお金回りが良さそうで、うらやましい限りです。

 

ただ個人的には、「有効な使い道」があるなら貰っておいたほうがいいと思いますけどね。自分が貰わなくても、どのみち誰かの手に渡ってしまうものですから(しかも原資は税金)。

 

そんなわけで、来年度の募集に向けて私も準備を始めようと思ってます。

 

もちろん、自分の事業で使うための準備。

 

今のうちに事業計画など作り始めておけば、要項が発表(2月中旬〜下旬ごろ?)されてから慌てなくて済みます。「善は急げ」とも言いますし。

 

それと、今年度させていただいていた「他の事業者さんの申請のお手伝い」については、来年度の業務メニューに加えるかどうかまったく白紙です。まあ少なくとも、今年のように「完全成功報酬制」でやる気はほとんどありません。それより「申請書の書き上げ合宿」でもやってみましょうか。そっちのほうが面白そう。

 

いずれにしても、新しい情報が入ったり、新しい決定をした時点でお知らせしたいと思います。

 

あ、情報提供という意味では「今年の補助金を受給した事業者さんの成功事例」を紹介するのもいいかもしれませんね。

 

ではでは!

 

しおさいオフィスのWEBページも見てくださいね!→ http://www.4031office.com