読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専門業務は何ですか…?

オシゴトの風景

こんにちは、コピーライターで行政書士の中村です。

 

先生の専門(業務)は何ですか?

 

こんな質問を時々受けます。もちろん、こちらが行政書士であることは分かった上での質問。

 

同じ法律系の士業でも、社労士や税理士、公認会計士の仕事は比較的わかりやすいんですが、行政書士の業務範囲は広い…というか広すぎるので、大抵どの行政書士も、自分の業務範囲(専門分野)を絞って営業しているんですよね。

 

ちなみによくあるのが、「建設業の許認可申請業務」。建設業は定期的に申請(しかもけっこう複雑)が発生するので、クライアントを何社か確保できれば、これだけに業務を特化することができます。

 

自動車登録業務も時々聞きます。いくつかのディーラーと専属で契約して、そこの新車登録を一手に引き受けるタイプの業務ですが、これもクライアントさえ確保できれば専門業務として成立します。

 

入国管理の申請取次を専門にしている行政書士もいますね。特に全国8ヶ所の入管所在地(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・高松・福岡)の先生方に多いようです。

 

他には…風俗営業の許可申請を専門にしている方、個人相手で遺言書の作成支援や遺産分割協議書作成を中心にしている方、新規法人設立を中心にしている方(ちなみに医療法人や宗教法人の設立はかなり高額の業務になるようです。やったことないですが)、などなど。

 

…で、私の専門。

 

現状、法人設立と細々した許認可申請がメインです。というより、まだ専門を確立できてないというのが正直なトコロ。地域の事情もあるので、他の都道府県でメジャーな業務が鹿児島でもメジャーとは限らないし、そもそもメジャーな業務は大先輩達がガッチリ掴んでいて、つけ入るスキがないんですよね…(苦笑)

 

というわけで、新しい業務分野自体を開拓中です。

 

ちなみに。先日電話で「離婚手続きをしたい」という問合せがありました(かなり焦った様子で)。基本的に仕事の選り好みはしませんが、正直こればかりはお断りです。仕事とはいえ、他人の家庭のゴタゴタに巻き込まれるのはゴメンなので…。というかモメそうなケースなら、弁護士のところに相談したほうがいいですよ?

 

ではでは!

 

しおさいオフィスのWEBページも見てくださいね!→ http://www.4031office.com