見せ方で印象を変える

こんにちは、コピーライターで行政書士の中村です。

 

今年の夏にリニューアルしたばかりの国立科学博物館。そのリニューアル具合(?)を確かめに、東京出張の合間をぬって見学してきました。

 

結論から言うと、特に新しい展示物が増えたという印象はないです。ただし『見せ方』(演出)は結構変わってましたよ。

 

たとえば、コレ。※写真撮影OKの展示です

f:id:siosaioffice:20151118102921j:plain

ティラノサウルス。超有名ですね。もちろんリニューアル前からあった展示物です(たぶん)。

 

なんか違和感感じませんか?

 

後ろから見るとこんな感じ。

f:id:siosaioffice:20151118103221j:plain

やっぱり違和感。なんかこう、自分の知ってるティラノサウルスって、もっと堂々としてたような…。

 

コレ、しゃがみこんでるんです。

 

獲物を待ち構える時の姿勢だそうな…そういえばネコもよくこういう姿勢してますよね(笑)

 

この姿勢で展示してるのは、世界で唯一コレだけとのこと。モノはリニューアル前と同じなのに、姿勢を変えただけでこんなに印象が変わるとは…(実物は写真以上に不思議な感じがしますよ)。

 

この手法、実はビジネスではよく使われます。

 

以前から扱っているモノや他社で扱っているモノと同じでも、

・並べ方を変える

・パッケージを変える

・商品名を変える

・セールストークを変える

・ターゲット層を変える

…といった方法で、ガラッと印象が変わることはめずらしくありません。

 

見せ方や演出だけで、まるで「新しい商品・サービスを開発」したような効果をだせるんです。


これっておいしいですよね?

 

自分のビジネスならどんな工夫ができるか…ぜひ考えてみてください!

 

ではでは。

 

しおさいオフィスのWEBページも見てくださいね!→ http://www.4031office.com