宣伝せずに売るテクニック

こんにちは、コピーライターで行政書士の中村です。

 

フェラーリ・ネバー・アドバタイズ

 

という言葉があります。 直訳すると、「フェラーリは宣伝などしない」。

 

1947年に創業したフェラーリは、当時も今も超高級スポーツカーの代名詞。自動車に興味がない人でも、フェラーリという名前は知ってますよね。正直、本物のフェラーリだろうがカウンタックだろうがホンダのNSXだろうが、興味のない人、詳しくない人から見たら、全部「フェラーリ」です(笑)

 

一方でフェラーリは創業以来、一度も宣伝をしていません(販売代理店が宣伝することはありましたが)。つまり一度も「買ってください」と言っていないんです。営利企業として、これはすごい態度ですよね。

 

それでもフェラーリは超有名。しかも、世界中の富豪の側から「売ってくれ」と言われ続けています。なぜでしょう?

 

そのカギが、ブランディングです。

 

ブランディングとは、マーケティング戦略の一つ。もう少し具体的にいうと、自分(自社や自社の商品・サービス)の「価値を・特定の相手に・適切に伝える」ことです。

 

ブランディングに成功すると、極端な話、もう商品の宣伝は必要ありません。フェラーリにしても、アップルにしても、ディズニーにしても、新しい商品・サービスを開発さえすれば(たとえそれがちょっと微妙な商品だったとしても)、お客さんの方から勝手に買いに来ます。ま、実際には宣伝も使いますけどね…フェラーリ以外は。

 

ちなみにブランディングは、特別な企業だけのものではありません。きちんとした手順を踏めば、すべての起業家や企業が使えるテクニックですよ。

 

それでは、今日はこの辺で!

 

しおさいオフィスのWEBページも見てくださいね!→ http://www.4031office.com