進化のし過ぎは退化と一緒?

こんにちは、行政書士でコピーライターの中村です。

 

私はいわゆる、appleマニアです(apple信者とも)。仕事で使っているマシンはMacで、携帯はもちろんiPhone

 

おしゃれでカッコ良く、高機能!というのがその理由ですが、最近、非常に不満なことがひとつあります。それは…

 

iPhoneが遅い!

 

今使っているiPhone4sは4世代前(4年前)の端末ですが、使い始めた当初はサクサク動いてました。当時としてはまったく、何の不満もなく使えてました。それが、ほぼ年に一回の「OSアップデート」をかけるたびにジワジワ(時にガクンと)遅くなり、いまではトロいことトロいこと…日本語入力しようとするたびに、5秒から10秒近く待たされることもザラです。

 

何より「電話をかける」「電話をうける」という、携帯電話のアイデンティティにかかわる動作まで遅いのには閉口します。

 

以前のウワサでは、次のiOS9には「コアバージョン(core version)」という旧端末専用のライトバージョンが用意されるということで、か・な・り、期待してたんですが…今朝早く発表されたiOS9の仕様を見る限り、コアバージョンのコの字も見当たりません。見落としてるだけか?発表し忘れただけか?焦らしてあとから喜ばせるパターンか?

 

…期待が外れて、やや取り乱し気味の朝でした。では!

 

しおさいオフィスのWEBページも見てくださいね!→ http://www.4031office.com