読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知的財産と知的資産の違い

著作権・知的財産権

こんにちは、行政書士でコピーライターの中村です。

 

私の得意分野のひとつに「知的財産」があります。そして、仕事の中で特に力を入れている分野に「知的資産」があります。

 

この知的財産と知的資産…言葉の響きは似ていますが、中身は別物。いや、正確に言うと、別物だけど関係はあります(なんのこっちゃ)。ちなみにこんな関係↓

 

知的財産<知的資産

 

具体的に説明しましょう。

 

まず知的財産。これは、特許・実用新案・意匠・商標・著作物のことです。「エンブレム問題」をはじめ、しょっちゅう話題になるのでイメージしやすいですよね。

 

次に知的資産。これは企業や事業主が持っている資産・財産のうち「数字で表現しにくいもの」の総称です。たとえば、ある町工場が持っている特殊な技術。あるいは、経営者が持っている豊富な人脈。ほかにも、経営理念や伝統、組織力、人材、ついでに「知的財産」も、知的資産の一部に含まれます。

 

これらは企業(もしくは事業主)が持っている資産であり財産ですが、基本的に貸借対照表や損益計算書をはじめとする会計書類では表現できません。

 

いわば「目に見えない資産」。それが知的資産です。

 

では知的資産を活用するにはどうすればいいのか…それはまた、別の機会にお話ししますね。

 

では!

 

しおさいオフィスのWEBページも見てくださいね!→ http://www.4031office.com